リフォーム後のキッチン

「古くなったキッチンをリフォームしたい…」と計画しながらも実際何から始めてよいか分かららない?そんな方は少なくないと思います。

キッチンのリフォーム費用は、家計にとって決して安くはない金額。
だからこと絶対に失敗はしたくない!

この記事では、キッチンのリフォームを検討している方に、失敗しないために知っておくべきことや注意点をご紹介していきます。

《目次》

キッチン各種リフォーム費用の相場〜見積りはこれでいい?〜

リフォームの見積もり金額キッチンをリフォームする際に一番気になるのは、やはり費用ではないでしょうか?

同じリフォーム内容なのに、ネット・広告チラシ・カタログの費用に大きな差が…。
結局、リフォーム費用をいくら準備すればよいのでしょうか?

しかし残念ながらリフォームの費用は、定価があるわけではありません。
設備費用には差はないにしろ、業者によって費用は変わってしまうからです。

とはいえ、大体のリフォーム費用の相場を知ってないと業者から提示された見積もり金額が「高いか?安いか?」判断がつかず、

結局言われるがまま契約するのは非常に勿体無いことです。

そこで、キッチンの各種リフォームを大体の費用相場をチェックしていきましょう!

 【備考】 

費用相場は、あくまでも一般的なものとなっております。
リフォームをするキッチンの状況や修繕具合によって異なります。

キッチンリフォームの全国的な料金相場 (工事費用込み)

全体的な相場
50万〜110万円

レンジフード(換気扇)の交換・据付
15万〜20万円

ビルトインタイプのガスコンロ・オーブンレンジへ取り替え
15万〜25万円

既存のシステムキッチンに食器洗浄器を設置
15万〜25万円

既存ガスコンロをIHコンロに交換
25万〜30万円

既存のシステムキッチンの交換(場所変更なし)
40万〜60万円

キッチンの向け変更し対面キッチンに取り替え
90万〜120万円

システムキッチンの交換&補修工事
100万〜120万円

壁付けシステムキッチンからペニンシュラ型へ交換
150万〜200万

壁付けのシステムキッチンをアイランドキッチン型へ交換
200万〜300万円

キッチン選びで考えるべきチェックポイント3つ

キッチン選び実際にキッチンを選ぶ際は、リフォーム後に達成したい目的まで明確にして選びましょう。

キッチン選びのポイントを紹介していきます。

キッチンのレイアウト

キッチンのレイアウトキッチンの形状を大きく分けると「Ⅰ型」「Ⅱ型」「L型」「アイランド型」「ペニンシュラ型」など種類があります。

まずは確保できるスペースと目的に応じた種類のキッチンを選ぶようにしましょう。

キッチンの高さ

子どもの皿洗いキッチンは、料理や洗い物など毎日の生活のなかで多くの時間を費やすところです。

できる限り体の負担を減らすためにも、身長にあったものを選びましょう。

キッチンの高さは、JIS規格のキッチンの場合5cm単位で選ぶことが可能です。

通常、頻繁にキッチンに立つ人の身長を基準に選びます。

適切なキッチンの高さを算出する計算式は、次の通りです。

キッチンの適切な高さ=身長(cm)÷2 + 5cm

例えば、150cmの方の場合 150cm ÷ 2 + 5cm= 80cm が基準の高さとなります。

収納スペース

キッチンの収納スペースキッチン選びを考えるうえで、収納のスペースはとても重要なことです。

食器や調理器具が多く「キッチン収納内に納まらない…」なんてことも。

また追加で食器棚を用意することが発生してしまいます。

リフォーム後に、そのようなことがないように予め食器やキッチン用品をリストアップし、どの程度の収納スペースがあればよいか考えておきましょう。

また、この機会に普段使わないキッチン用品を整理していくとよいでしょう。

キッチンの天板・カウンター(ワークトップ)

キッチン選びに重要なとして、キッチンのワークトップが挙げられます。

料理や下ごしらえなどの作業を行うとして、機能的にもデザイン的にも大切ですよね。
ワークトップは材質によって特徴が異なります

「掃除のしやすさ」「傷のつきにくさ」「デザイン性」などそれぞれ重視したい点を検討して選びましょう。

主な材質は次の通りです。

ステンレス

ワークトップの定番となったステンレス。

耐久性・耐水性、更に耐汚性の全てにおいて優れているキッチンに最適な材質と言えるでしょう。

また、他の材質に比べて金額的にも安価となっています。

一つだけ弱点をあげるとすれば、ステンレスは細かい傷がつきやすいことです。

最近では、この弱点をカバーするために表面がエンボス加工の商品も出てきています。

人工・人造大理石

人工大理石見た目やデザインにこだわるなら、人工大理石の材質でしょう。
耐久性、耐水性、耐汚性に優れています。

名称に大理石となっていますが、材質は石ではなく熱に強い樹脂(プラスチック)が用いられています。

樹脂の主流は、アクリル系樹脂(耐熱温度:約200度)かポリエステル系(耐熱温度:200度未満)となっています。

直に熱した鍋をワークトップに置くのは避けるようにしてください。
耐熱性に弱点ありです。

 【備考】 

最近では、TOTO(クリスタルシリーズ)からエポキシ樹脂(耐熱温度:約350度)などもでており弱点をカバーするものなどあります。

天然石

大理石のワークトップ天然石は、耐久性や耐熱生に優れています。
人工大理石では味わえない天然の美しさがあります。

また天然物となるため世界に一つしかない模様が味わえます。

難点として使用される石は主に海外からの輸入となるため、材料費が高額になります。

また他の材質より耐水性が劣るため天然石の継ぎ目を、しっかりと防水しないと内部に浸水して床に染みてしまう恐れがあります。

 【備考】 

天然石をキッチンに使用する際は、天然石の施工実績豊富な業者に依頼するようにしましょう。

タイル

タイル貼りのキッチン「タイル」は耐熱性と耐久性に優れた材質です。
西欧ではタイル張りのキッチンが主流であり日本でも一昔前まで人気がありました。

デザイン性に優れ温かみもあるため、おしゃれなキッチンに仕上げたいのであれば最適です。

難点としては、タイルを一枚ずつ貼っていくので、作業時間がかかります。
またタイルとタイルの間の目地が黒ずんできてお手入れが大変です。

キッチンお手入れに手間を掛けたくない方には、不向きです。

 【備考】 

ワークトップの材質には、メラニンやセラミック、ムク材など他にも多く種類があります。

それぞれの特徴には優劣がありますが、最も優先したいことを踏まえてワークトップを選びましょう。

リフォーム業者の正しい選び方〜失敗しないために大切なポイント〜

天板に肘をつく女性リフォームで最も重要なのが業者選び(どの業者に依頼するか?)です。

そこで、キッチンのリフォームで失敗しないためにも業者の選び方について解説していきます。

【ポイント1】リフォーム会社の規模で選んではいけない!

大手の営業担当大手のリフォーム会社」だからという理由だけで、選ぶのは決して最善の選択とは言えません。

勿論、大手企業のため「ぼったくり」「悪質なトラブル」などもなく信頼できることは言うまでもありせん。

しかし、大手リフォーム会社に依頼しても、実際に工事をするのは下請け業者であったりします。

つまりリフォームの良し悪しは、下請け次第ということになります。

そのため、大手だからという理由で決めるのではなく、営業担当の対応や提案力、見積もり、施工後の保証など総合的な視点で判断しましょう。

【ポイント2】キッチンのリフォーム実績は豊富か?

リフォーム会社とはいえ、キッチンリフォームが実績は少ないところも多いです。

特にキッチンのリフォームは、水周りと火(ガス)の両方に関わるため、リフォームでも難易度が高くなってきます。

そのためキッチンリフォーム実績について業者にしっかりと確認しましょう。
確認すべき点は、以下についてです。

  • キッチン(台所)のリフォーム実績確認(会社HPや評判なども確認)
  • 営業提案力:こちらの意見を汲み取りかつ、最適な提案をしてくれるか?
  • リフォームに含まれる費用の説明など、開始後に追加費用が発生する場合の説明などはあったか?
  • 水周り(給排水)の工事の資格は持っているか?
    (配管工事を伴いない工事に関しては資格不要です。)

【ポイント3】依頼側の質問に対して的確な回答をしているか?

実績や経験にも関わることですが、依頼側の質問に対して「納得のいく答えを返しているか?」についても業者選びの判断基準に入れましょう。

特にキッチンリフォームは複雑な工事となるため、難しい専門用語で回答してきたりします。

リフォームトラブルの発生を防ぐためにも、納得のいく業者に依頼すべきでしょう。

【ポイント4】リフォーム会社の営業担当との相性

リフォームは担当する営業との相性や対応力も重要となります。
キッチンは家族にとって最も重要な空間な場所となります。

そのため単なるリフォームと考えず、リフォーム後の「家族幸せ」まで考えてくれる営業担当であれば、きっと納得のいく提案をしてくれるはずです。

営業担当の、対応力や態度などにも注目してみましょう。

【ポイント5】保証やアフターサービスは充実しているか?

女性コンサルティング最後に、リフォーム後の良し悪しは、使って初めて分かるもの。

使い始めは良かったが、実際使用してみると欠陥が見つかることも想定されます。

そのような場合に、備えてリフォーム後の保証やアフターサービスが充分か?について業者に確認しておくべきでしょう。

アフターサービスは、リフォーム会社によって様々です。
具体的に次のようなことを明確にしておくべきでしょう。

アフターサービスと保証内容の確認事項

  • 定期点検はあるか?
  • アフターサービスの期間は?
  • リフォーム後の無償修理の範囲(どのようなケースで無料対応?)
  • 有償修理の範囲(どのようなケースは有償か?)
  • リフォーム瑕疵保険に加入しているか?

キッチンのリフォーム費用を極力安く抑える方法は?

キッチンのリフォームは、高いもので数百万円となり家計にとって大きな負担となります。

できる限り、費用を安く抑えるためには次のような方法をとるとよいでしょう。

キッチンと浴室をセットでリフォームする

リフォーム費用を安く抑える方法キッチン単一ではなく、キッチンと他の水周り(浴室・トイレ)をセットでリフォームする必要がないかを検討してみましょう。

リフォームをセットで行うと、現地調査費や人件費(作業工数)が削減するためその分安くなるはずです(もしくは値引き交渉の余地があるかと思います。)

家を建てて今まで一度もリフォームをするならば、他の水周りも同様に必要なタイミングかもしれません。

業者にとっても利益となり好都合なので、キッチンと他の水周りをセットで行った場合、どれくらい安くなるか確認してみてはいかがでしょうか?

とはいえ、他のリフォームを行うため、全体の費用負担は増えることになります。

決して無理にリフォームのタイミングを合わせる必要はありません。

自治体の補助金や住宅減税(控除)を活用する

補助金制度キッチンを含むリフォーム工事には、自治体や国より様々な補助金や減税が用意されています。

補助金の活用は「バリアフリー」「省エネ(エコ)」「耐震性の向上」の3種類に分けられます。

介護保険制度が適応されればリフォーム費用のうち9割(最大20万円)まで国の補助金が適用となります。

対象となるかについては、業者にも相談してみましょう。

参照元:住宅リフォーム 推進協議会

また各都道府県(市町村)独自の補助金も用意されておリます。

国の補助金と併用して活用できる補助金もありますので、詳しくはお住いの役所(相談窓口)やホームページを確認しましょう。

信頼度の高いリフォーム会社数社に相見積もりで比較検討する

見積もりをとるリフォーム費用を安く抑えるために、最も手っ取り早い方法は、信頼あるリフォーム業者を数社選び「相見積もり」をとることです。

リフォーム工事料金は、定価というものがありません。
そのためリフォーム料金は、業者によって大分バラツキがあります。

また複数の業者の相見積もりをとることにより、リフォームの相場が分かり業者との交渉にも役立ちます。

おすすめは、3〜5社程度から相見積もりをとることです。

1分で入力完了!複数の業社から見積もりをとり比較する方法

携帯で入力「相見積もり」が重要であることは、分かったものの、複数社から見積もりをとるには、時間や手間がかかりますよね。

しかも相見積もりをとると「依頼を断りづらいのでは?」「業者から嫌がられないか?」などと考えてしまいます。

そのような場合、信頼のおけるリフォーム会社複数社から一度に見積もりを依頼できるサービスを使うと便利です。

また、一括見積もりサービスを利用すると、費用を抑えることはもちろん次の点で優れています。

【ポイント1】現地調査が不要!スマホで写真を撮って送るだけ!

スマホで写真をとる女性通常、見積もり流れとしては、自宅に業者がやってきて現地調査が必要となります。

正直なところ「気を遣うし、面倒…」ですよね。

しかし、リフォーム一括サービスの大手「リノコ」を利用した場合、キッチンのリフォームしたい箇所をスマホで撮って送信するだけで見積もりがもらえます。

【ポイント2】厳しい審査を通過したリフォーム業社のみ紹介される

業者選びの難しいところは、「信頼のおける業者探し」です。

特に専門知識・技術的な作業が必要なため、一般の人からするとどの業者が、技術力があり信頼できるかを見極めは難しいところです。

リフォーム業社一括見積もりサービスに登録をしている業者は、厳しい審査を通過した業者のみ登録されています。

加盟審査の通過率はわずか8%と厳選されたリフォーム業社のみ登録ができるのです。

【メリット3】「お客様専用フリーダイヤル」が利用でき相談できる

お客様ダイヤルセンターキッチンのリフォームは専門用語も多いため、直接職人さんと話しても理解できないこともあります。

理解できないまま、進められると作業自体不安ですよね。

一括見積もりサービスでは、通常「お客様の相談フリーダイヤル」があります。

「わからないこと」や「業者に直接聞きづらい」ことなどは業者に変わって分かり易く説明してくれます。

一括見積もりサービス利用者の評判や口コミ

お客様の声・口コミ・評判一括見積もりサービス利用者の評判や口コミからどのような点にメリットを感じているのかをチェックして見ましょう。


キッチンを対面式キッチン(メーカー:クリナップのラクエラ)にリフォームしました。
見積もりを依頼する際、匿名で利用でき大変便利でした。

料金だけでなく、アフターサービスも充実している業者を選ぶことができ大変満足しております。
業者の対応もしっかりしており安心して任せることができました。


仕事で忙しく、なかなかリフォームを進めることができませんでした。
そんな中で、知人より教えてもらったのが、リフォーム一括見積もり。

限られた時間の中で、一度の数社依頼することができ大変便利でした。
業者を比較して、最終的に一番納得のいく業者に依頼しました。

キッチンのリフォームはお早めに相談

キッチンのリフォームはお早めにキッチンの耐用年数は、一般的に10年〜20年程度です。
もちろん使用頻度や状況によって異なります。

またキッチン単体でなくガスコンロやレンジ、水栓などの部分的に老朽化が起こることもあるでしょう。

リフォームの費用をなるべく安く抑えたいのであれば、キッチンのトラブルが
大きくなる前に、早めにご相談することでおすすめします。

そのためには、一括見積もりサービスを有効活用していくこと良いでしょう!

キッチンリフォームナビの紹介エリア

北海道・東北地方 北海道、青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県、福島県
中部地方 新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、山形県、静岡県、岐阜県、愛知県
関東地方 栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、茨城県、埼玉県、東京都
関西地方 滋賀県、兵庫県、三重県、和歌山県、京都府、大阪府、奈良県
中国地方 鳥取県、岡山県、山口県、島根県、広島県
四国地方 香川県、徳島県、愛媛県、高知県
九州地方 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県